肝硬変ってご存知ですか?2013.12.05. // 未分類

肝硬変ってご存知ですか?
肝臓に栄養が行き届かなくなり、肝臓が萎縮し硬くなった状態を言います。
原因としては肝炎ウィルスによるものが80%を占めるのですが、C型ウィルスによるものがそのうちの80%、B型ウィルスによるものが15%と言われています。
症状は、初期では現れにくく、進行してくると血液検査で肝機能の低下と門脈圧亢進症状が出てきます。
門脈圧亢進症状というのは食道静脈瘤、腹水、浮腫、消化管出血、十二指腸潰瘍や腹部に静脈が浮き出てくるように見える症状などが出てきます。
肝機能の低下により黄疸や皮膚の痒みなども現れ、症状が更に進行してくると独特な口臭や肝性昏睡といった重篤な状態にも陥ります。
ウィルス性の肝炎は無症状のまま慢性化しやすく肝硬変に移行しやすいので、注意が必要です。